RIDDLE JOKER 感想&評価 レビュー

みなさん、ちゃろー☆
ゆずソフトより2018年に発売された「RIDDLE JOKER(リドルジョーカー)」を攻略完了したので、作品の評価を感想付きでレビューします。

作品概要

あらすじ

ここは、かつて「超能力」と呼ばれていた、不思議な力「アストラル」能力が存在する世界。
主人公 在原ありはら さとる はアストラル能力者であり、その力を使って暗躍する非合法国家諜報組織『情報局特別班とっぱん』のエージェントである。
とある任務のため、義妹の 在原ありはら 七海ななみ と共に、アストラル能力研究が盛んな『橘花学院きっかがくいん』へ転校生として潜入することになる。

潜入先の学院では、三司みつかさ あやせ、二条院にじょういん 羽月はづき式部しきべ 茉優まゆ と出会い、順調に仲を深めていく。
しかし、学院での任務中、予期せぬ事態に巻き込まれ、三司みつかさ あやせ に正体がバレてしまっただけでなく、彼女がみんなに隠していた秘密も知ってしまう。

この出来事をきっかけに、学園に潜む闇、そして、日本に潜む闇に、暁は巻き込まれていく。

登場キャラクター

メインヒロイン

  • 三司みつかさ あやせ(CV:沢澤さわさわ 砂羽さわ、原画:むりりん)
  • 在原ありはら 七海ななみ(CV:くすはらゆい、原画:こぶいち)
  • 式部しきべ 茉優まゆ(CV:西園にしぞの 純夏すみか、原画:むりりん)
  • 二条院にじょういん 羽月はづき(CV:はるか そら、原画:こぶいち)

サブヒロイン

  • 壬生みぶ 千咲ちさき(CV:夏和小かなこ

各種スペック

システム

前作「千恋*万花」と比較して、本作から導入された新機能は太字で記載している。

  • ストーリープレイ画面
    • セーブ・クイックセーブ、ロード・クイックロード、前・次のシーンへ移動、前・次の選択肢へ移動、オート、スキップ・バックスキップ、ウインドウ非表示、音声リピート、お気に入りボイス登録、システム設定、バックログ、フローチャート、タイトル画面へ移動
  • エクストラモード
    • CG鑑賞、BGM鑑賞、シーン鑑賞、ムービー鑑賞、立ち絵鑑賞、お気に入りボイス鑑賞+シーン回想(※ロード機能から移動)
  • システム設定
    • 基本、画面表示、ゲーム進行、テキスト、サウンド、ダイアログ、マウス、ショートカットキー、ゲームパッド

シナリオ

ヒロインの攻略完了ごとに、アフターストーリーがアンロックされる(あやせ・七海・茉優・羽月は2話、千咲は1話)。

  • 共通ルート
    • チャプター数:14(構成:PROLOGUE、1-1~4、2-1~4、3-1~6)
  • 三司 あやせルート
    • チャプター数:14(構成:3-7、4-1~3、5-1~3、6-1~4、7-1~2、EPILOGUE)
    • 目安プレイ時間:7時間50分
  • 在原 七海ルート
    • チャプター数:16(構成:3-7、4-1~4、5-1~2、6-1~3、7-1~5、EPILOGUE)
    • 目安プレイ時間:7時間00分
  • 式部 茉優ルート
    • チャプター数:32(構成:3-7、4-1~6、5-1~8、6-1~6、7-1~5、8-1~5、EPILOGUE)
    • 目安プレイ時間:7時間15分
  • 二条院 羽月ルート
    • チャプター数:27(構成:4-1~3、5-1~4、6-1~4、7-1~3、8-1~4、9-1~4、10-1~4、EPILOGUE)
    • 目安プレイ時間:6時間50分
  • 壬生 千咲ルート
    • チャプター数:10(構成:3-7、4-1~4、5-1~2、6-1~2、EPILOGUE)
    • 目安プレイ時間:5時間45分

ムービー曲

  • オープニング
    • 「astral ability」 歌:橋本みゆき・佐咲紗花
  • エンディング
    • あやせルート 「ゆびきり」 歌:霜月はるか
    • 七海ルート 「ずっと」 歌:葉月(Angel Note)
    • 茉優ルート 「初恋」 歌:tohko
    • 羽月ルート 「恋だより」 歌:羽生みいな(Angel Note)
    • 千咲ルート 「陽だまり笑顔で」 歌:春風まゆき(Angel Note)

メインヒロイン評論

三司 あやせ

オススメ度:★★★★☆

性格や人柄

暁とは同学年のクラスメイトで、学生会長を務める。
空間を対象にして斥力・引力を操作するアストラル能力を持つ。
みんなの前では、どんな時でも猫をかぶっていて、上品で清楚なキャラを演じている。
しかし、秘密を知っている暁の前では、ひねくれたり、やさぐれたり、ガンを飛ばしたり、と粗野な振る舞いをする。
このことから分かる通り、全ヒロイン中、ギャップが最も激しいキャラである。

見どころ

付き合い初めてからデレが入ると、暁視点で見る普段の彼女とのギャップも相まって、凄まじい破壊力を伴う。
彼女を攻略中に、そのギャップによって脳が破壊され、新しい扉を開いた紳士淑女は少なくないであろう。かくいう私もそうである。
公私で表裏が激しいヒロインを好きな人に、是非推したい。
では、彼女の魅力をより理解できるように至高の激カワシーンを二つ紹介しよう。
一つは、共通ルートで、猫の気持ちを知るために、猫になりきるプレイ(猫耳あり)をした時。
もう一つは、個別ルートで、ホラーゲームプレイ中に怖がりながら腕をつかんできた時。
どちらも筆舌に尽くしがたい程の可愛さである。それを具体的に説明をするのは野暮というもの。
ちなみに、彼女は本作の根幹となる秘密を抱えているので、そこも意識しながら攻略すると良いだろう。

三司 あやせ

在原 七海

オススメ度:★★★☆☆

性格や人柄

暁とは一つ年下で血縁関係のない兄妹であり、特班における相棒役でもある。
外傷を治癒できるアストラル能力の持ち主。
家事全般を卒なく熟すだけでなく、PC関連の知識も持ち合わせており、クラッキングもお手の物。
性格面においても、面倒見が良く、優しく、気遣い上手なので、文句の付け所がない。
そのうえ、スタイルも良い、という圧倒的高スペックを誇る。
ただし、過去のとある出来事によって極度の人見知りとなっており、所謂コミュ力と呼ばれるものは、最底辺のポンコツである。

見どころ

彼女は、世話焼き+Sッ気+小悪魔+義妹の複合属性である。
これらの属性が好きな紳士淑女には、彼女をおすすめせざるを得ない。
特に、共通ルートの「はい、あーん」で食べさせてくれるシーンが至高。
彼女の「可愛い」要素がここに全て詰まっている。
彼女はこのような勘所で可愛さを魅せてくるので、暁が無意識に「だだ甘」なシスコンになるのも致し方なかろう。
なお、個別ルートにて、彼女が作る餃子の話は、面白くて可愛くてほっこりするので必見。

在原 七海

式部 茉優

オススメ度:★★★☆☆

性格や人柄

暁とは二つ年上の先輩(二度留年している)であり、学院に雇われている研究員でもある。
アストラルを空間中に固定する能力を持つ。
普段は、落ち着いた雰囲気のお姉さん然としていて、類い稀な才媛である。
他人からはどう見ても魅力溢れる彼女だが、自尊心が異常に低く、甘えん坊で自信がないところがある。

見どころ

個別ルートは、暁が特班の任務中に失態を犯して正体バレするが、彼女の都合もあり難を逃れるという展開から始まる。
プレイヤー視点からは、暁の一連の行動に感情移入しにくいため、批判的な感情を持つかもしれない。
なので、攻略を途中でやめようと思った方もいるかもしれないが、何とか耐えてほしい。
ここを乗り越えられたなら、全ヒロイン中最も純情可憐な彼女が拝めるのである。
さて、彼女は、年上+才女+甘えん坊+姉の複合属性持ちである。
しっかりしたお姉さんが時折弱さを見せるのが好きな紳士淑女の方には、間違いなくクリティカルヒットするであろう。
彼女はとても優秀であるにも関わらず、なぜ二度も留年したのか。
三司あやせ同様に本作の根幹をなす理由が存在するため、是非攻略してみてほしい。

式部 茉優

二条院 羽月

オススメ度:★★★★☆

性格や人柄

暁とは同学年のクラスメイトで、主人公が住む学院寮の寮長を務める。
水を自在に操るアストラル能力の持ち主。
真面目で責任感が強く、とても真摯な性格で、むっつりスケベである。
自分を犠牲にしても誰かの為になることを厭わない献身性の気質も持ち合わせており、まるで聖女のようである。
時代劇が好きであり、口調や思想、信条など様々な面で多大な影響を受けている。

見どころ

個別ルートは、暁とひたすら初々しくイチャつく高糖度のシナリオである。
ストーリーの本筋に関係ないことは残念だが、その代わりに不安要素は存在せず、無心で楽しめる。
とはいえ、全く何もないということはなく、山あり谷ありの普通のラブコメなので、安心して欲しい。
そして、全ヒロイン中唯一、膝枕及び壁ドン(※茉優にもあるがSDなので除外)のシチュエーションCGが存在する。
また、彼女だけが手作り弁当を持ってきてくれる。有難いことにそのCGもある。
他のヒロインは、そういったことをしてくれないため、特筆に値する。
さて、彼女については、シチュエーションCGが多いため、どのシーンを至高とするかは非常に悩ましい。
強いて挙げるのであれば、個別ルートに入ってからの犬なりきりプレイであろう。
このシーンで、彼女の可愛さに紳士淑女諸君らが、ハートを撃ち抜かれることは想像に難くない。
異能力モノには興味ないが、ラブコメは好きという方に、攻略を推したいヒロインである。

二条院 羽月

作品評定

評点

どこかの要素が極端に偏重しておらず、バランス感覚に非常に優れた作品に仕上がっている。
本作もゆずソフトの前評判通りに、全評価項目が平均点以上の優作であると言えよう。

評点の内訳

採点基準は、このブログについてページをご覧ください。

カテゴリ項目点数
シナリオ世界観8/10点
構成7/10点
演出6/10点
合計21/30点
グラフィッククオリティ10/10点
ボリューム10/10点
合計20/20点
キャラクター作り込み9/10点
ボイス9/10点
合計18/20点
プレイ環境音楽8/10点
動画9/10点
システム9/10点
合計26/30点

コメント

シナリオ

どの個別ルートにおいても、CGを上手いタイミングで見せており、ダラダラ感を感じることがないため、一定水準以上の質は維持できていた。
しかし、主人公の設定やアストラル能力という素材を上手く活かせていたかと問われれば疑問が残る。
なぜならば、比較的出来の良いあやせルートに対し、茉優ルートの序盤や七海ルートの終盤の強引な展開が悪目立ちし、ストーリーの質のばらつきが顕著に出ていることを認識してしまうからである。
加えて、羽月と千咲が暁と一切関わっていなくとも、本筋のストーリーが成立してしまうのも悪い点と言えるだろう。

グラフィック

むりりん先生及びこぶいち先生を原画とするイベントCGは、非常に高品質で安定しており、文句なしの満点。
もちろん、こもわた遙華先生のSDも、可愛く、面白く、格好良く、と三拍子揃った一級品。
また、立ち絵そのものの差分や表情差分も相当あるので、会話中のヒロインも表情豊かであり、満足感が高い。

キャラクター

キャラクターの作り込みが素晴らしく、どのヒロインも被らない個性があって可愛らしさもあり、とても魅力的である。
各ヒロインについての詳しい評論は、前述のメインヒロイン総評をご覧いただきたい。

音楽・動画・システム

音楽は、素晴らしいOP曲「astral ability」を筆頭に、ED曲もヒロインごとにきちんと彼女たちらしさが溢れたものが用意されており、いずれも良曲である。
システムは、フローチャート機能が素晴らしい。フローチャート画面上で選択肢を選ぶと、どのルートに進むか確認できる。

作品購入リンク

レビューを見て本作が気になったら、DMM または Steam から購入してプレイしてみてください。

DMM R18版

RIDDLE JOKER
RIDDLE JOKER
【こちらの商品は修正パッチ Ver.1.14aを適用済です】※2/17 15時以降に適用されています。━━・‥…━━・‥…━━・‥…━━・‥…━━・‥…かつては【超能力】と呼...

Steam 全年齢版

Riddle Joker on Steam
Riddle Joker on Steam
For decades, superpowers and psychic abilities were thought to be mere science fiction, but the discovery of a certain particle called the &...

関連記事

前作「千恋*万花」

次作「喫茶ステラと死神の蝶」

  • レビュー及び攻略ガイドの記事準備中

RIDDLE JOKER 感想&評価 レビュー

https://blog.chaotic-notes.com/articles/riddle-joker-review/

作者

Hiroki Sugawara

投稿日

2023-11-08

更新日

2024-05-06

ライセンス